作品賞:ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

<作品賞ノミネート>

ミリオン・ダラー・ベイビー
アビエイター
ネバーランド
Ray/レイ
サイドウェイ
ミリオン・ダラー・ベイビー

監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン

作品賞を受賞したのは、『ミリオンダラー・ベイビー』でした。

家族の愛に恵まれない女性ボクサーと、娘に縁を切られた老トレーナーの交流についてドラマです。

クリント・イーストウッドが製作、監督、音楽、主演の4役をこなしました。

一方、敗れたのは、マーテイン・スコセッシ監督『アビエイター』。

スコセッシ監督は、2年前の『ギャング・オブ・ニューヨーク』でオスカーで賞がとれませんでした。同じくレオナルド・ディカプリオと組んで、富豪の映画プロデューサー、ハワード・ヒューズの生涯を描きました。

大作としての条件をそろえており、有力候補でしたが、ドラマ性で勝る『ミリオンダラー・ベイビー』にかないませんでした。

もう一つ、注目度が高かったノミネート作品は、『サイドウェイ』です。

これは純然たるコメディですが、作品賞では珍しく、有力候補に挙げられました。

ワイン好きの中年男性が友人と旅行するロードムービーです。

帝王レイ・チャールズの伝記『Ray/レイ』、劇作家ジエームス・バリが名作「ピーター・パン」を生み出すきっかけとなった少年との出会いを描いた『ネバーランド』もノミネートされました。

監督賞 クリント・イーストウッド『ミリオンダラー・ベイビー』

クリント・イーストウッド

<監督賞ノミネート>

クリント・イーストウッド
「ミリオン・ダラー・ベイビー」
テイラー・ハックフォード
「Ray/レイ」
マイク・リー
「ヴェラ・ドレイク」
アレクサンダー・ペイン
「サイドウェイ」
マーティン・スコセッシ
「アビエイター」

監督賞は、巨匠二人の一騎打ちとなりました。

『アビエイター』のマーテイン・スコセッシと『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド。

作品賞と同じ構図です。

結果は、イーストウッドが2度目の監督賞受賞となりました。

スコセッシは5度目のノミネートでしたが、今回も受賞はなりませんでした。

スコセッシは、『アビエイター』で高度な技術を総動員して、高い完成度に仕上げました。

一方、イーストウッドは、地味な演出で、ドラマ性にこだわった作品作りをしました。

イーストウッドに軍配が上がりました。

また、「サイドウェイズ」で天才的なコメディセンスを見せつけたアレクサンダー・ペインも及びませんでした。

主演男優賞:ジェイミー・フォックス『Ray/レイ』

ジェイミー・フォックス

<2005年主演男優賞ノミネート>

ジェイミー・フォックス
「レイ」
ドン・チードル
「ホテル・ルワンダ」
ジョニー・デップ
「ネバーランド」
レオナルド・ディカプリオ
「アビエイター」
クリント・イーストウッド
「ミリオン・ダラー・ベイビー」

主演男優賞は、『Ray/レイ』のジェイミー・フォックスでした。初めてのノミネートでのオスカー獲得です。

伝説のソウル歌手レイ・チャールズ。その風貌、しゃべり方、そして、歌い方に至るまで、迫真の演技を見せました。

『アビエイター』のレオナルド・ディカプリオは、天才の紙一重ぶりを演じ、有力候補となりましたが、ジェイミー・フォックスに及びませんでした。

ドン・チードルは『ホテル・ルワンダ』で、大虐殺から多数の命を救った実在のホテル支配人を真摯に寅じ、ジョニー・デップは『ネバーランド』で夢見る"ピーター・パン"作家を好演して2年連続の候補になりました。

作品賞と監督賞を獲った『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドですが、男優賞は逸しました。

主演女優賞:ヒラリー・スワンク『ミリオンダラー・ベイビー』

ヒラリー・スワンク

<主演女優賞ノミネート:2005年>

ヒラリー・スワンク
『ミリオン・ダラー・ベイビー』
アネット・ベニング
『華麗なる恋の舞台で』
カタリーナ・サンディノ・モレノ
『そして、ひと粒のひかり』
ケイト・ウィンスレット
『エターナル・サンシャイン』
イメルダ・スタントン
『ヴェラ・ドレイク』

『華麗なる恋の舞台で』のアネット・ベニングと『ミリオンダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンクの一騎打ちとなりました。

実この2人は、5年前も『アメリカン・ビューティー』と『ボーイズ・ドント・クライ』で壮絶な争いを演じ、ヒラリー・スワンクが勝利しました。

今度はべニングにという同情票が集まるかと思われましたが、またしてもスワンクが勝利。2度目の主演女優賞となりました。

確かに体を絞ってボクサー役に挑み、後半は病院のベッドの上というスワンクの動と静の演技に圧倒されるが、 ケイト・ウインスレットは、ジム・キャリーの恋人を演じた『工夕ーナル・サンシャイン』でノミネートされました。

同じく英国のベテランで初候補のイメルダ・スタウントンは女性を救うために堕胎を行なう主婦を演じた『ヴェラ・ドレイク』で候補に。

コロンビアの若手力タリーナ・サンデイノ・モレノは麻薬を米国へ運ぶ娘に扮した『そして、ひと粒のひかり』で名を連ねました。

助演男優賞 モーガン・フリーマン『ミリオンダラー・ベイビー』

モーガン・フリーマン

<助演男優賞ノミネート:2005年>

モーガン・フリーマン
『ミリオン・ダラー・ベイビー』
アラン・アルダ
「アビエイター」
トーマス・ヘイデン・チャーチ
「サイドウェイ」
ジェイミー・フォックス
「コラテラル」
クライヴ・オーウェイ
「クローサー」

助演男優賞は、モーガン・フリーマンが獲得しました。

モーガン・フリーマンは、主演、助演あわせ4度目のノミネートでした。

この年のゴールデングローブ賞を獲得したクライブ・オーウェンも注目を集めましたが、ベテラン重視というアカデミー賞の風潮もあって、フリーマンが選ばれました。

フリーマンは『ミリオン・ダラー・ベイビー』で味のある老人を演じました。

一方、『コラテラル』のジェイミー・フォックスは、主演男優賞とダブルで候補にあがりました。

タクシー運転手役で主演トム・クルーズを上回る名演を見せ、主演賞とのダブル候補で注目されました。

彼の人間味溢れる渋い演技がついに認められた。

アラン・アルダの老獪な政治家ぶりも見事でした。

助演女優賞:ケイト・ブランシェット 『アビエイター』

ケイト・ブランシェット

<助演女優賞ノミネート:2005年>

ケイト・ブランシェット
『アビエイター』
ローラ・リニー
「愛についてのキンゼイ・レポート」
ヴァージニア・マドセン
「サイドウェイ」
ソフィー・オコネドー
「ホテル・ルワンダ」
ナタリー・ポートマン
「クローサー」

ケイト・ブランシェットが初のオスカーを手にしました。

『エリザベス』でもノミネートされていましたが、そのときは、「恋におちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトローに敗れました。

若き日のキャサリン・ヘプバーンを仕草と東部訛りで再現させ、コミカルな演技で観客を笑わせました。

対抗馬とされたのが、「クローサー」でストリッパー役を演じたナタリー・ポートマン。

ナタリー・ポートマンは初めてのノミネートでした。

この年のゴールデングルーブを受賞しており、有力視されていましたが、経験の差もあり、ブランシェットに軍配が上がりました。

『サイドウェイ』の母性愛に満ちた役で復活したバージニア・マドセンがノミネートされたのも注目でした。

外国語映画賞 『海を飛ぶ夢』(スペイン)

スペインが生んだ名監督アレハンドロ・アメナーバルの『海を飛ぶ夢』が受賞しました。

アメナーバルといえば、『オープン・ユア・アイズ』『アザーズ』などで知られ、すでに世界的な監督となっています。

『海を飛ぶ夢』のテーマは尊厳死。

ベネチア映画祭でも審査員特別賞を受賞していました。

脚色賞 『サイドウェイ』

アレクサンダー・ペインが、見事に脚色賞を受賞しました。

アレクサンダー・ペインとジム・テイラーは、売れない中年作家のダメぶりをコミカルに描いた『サイドウェイ』。

次々と笑いを誘う絶妙は脚色で、激戦区となった部門を制しました。

『ネバーランド』で脚本家デビューのデビッド・マギー、『ミリオンダラー・ベイビー』のTV出身の実力派ボール・ハギスも注目されました。

また、『モーターサイクル・ダイアリーズ』のホセ・リベーラらに加えて、ジュリー・デルピーとイーサン・ホークの出演俳優コンビがリチャード・リンクレイター監督と共に『ビフォア・サンセット』で原案者として挙げられ注目を浴びた。