2021年

「ノマドランド」が作品賞を受賞

2021年は「ノマドランド」が作品賞を受賞しました。ノマドランドは他にも監督賞、主演女優賞、撮影賞を獲得し、4冠に輝きました。

俳優部門と監督部門で、多様な人種による「陪審員」制度を導入

前年(2020年)のノミネートでは、俳優部門の候補者が白人だけだったことに対して、批判が出ました。 このため、BAFTAでは、俳優部門と監督部門に関して、従来の選考方法を変更しました。 様々な人種で構成される「陪審員」という組織をつくり、その陪審員がノミネートを選びました。 この影響か、多数の有色人種がノミネートされました。 その一方で、予想外のノミネート結果が相次ぎました。 例えば、最有力候補と見られていた「プロミシング・ヤング・ウーマン」のキャリー・マリガン(英国人)が、 主演女優賞にノミネートされませんでした。

部門 受賞者(作品) ノミネート
作品賞 ノマドランド

(公開:2021年3月26日)

 予告編→
イギリス映画作品賞 プロミシング・ヤング・ウーマン

(公開:2021年夏)

 予告編(英語)→

 町山智浩の解説(ラジオ)→
  • The Mauritanian
    (公開:2021年10月)
     予告編(英語)→
  • ファーザー
    (公開:2021年5月14日)
     予告編→
  • 時の面影
  • Rocks(ロックス)
  • 獣の棲む家
     Netflix→
  • Limbo(リンボー)
  • Mogul Mowgli
  • Saint Maud
  • Calm with Horses
監督賞 クロエ・ジャオ

「ノマドランド」

 作品一覧(Wikipedia)→
  • リー・アイザック・チョン
    「ミナリ」
     作品一覧(Wikipedia)→
  • サラ・ガヴロン
    「Rocks」
  • ヤスミラ・ジュバニッチ
    「Quo Vadis, Aida?」
  • シャノン・マーフィー
    「ベイビーティース」
主演男優賞 アンソニー・ホプキンス

「ファーザー」

 作品一覧→
  • チャドウィック・ボーズマン
    「マ・レイニーのブラックボトム」
     作品一覧→
  • リズ・アーメッド
    「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」
     作品一覧→
  • アダーシュ・ゴーラヴ
    「ザ・ホワイトタイガー」
  • マッツ・ミケルセン
    「アナザー・ラウンド」
  • タハール・ラヒム
    「The Mauritanian」
主演女優賞 フランシス・マクドーマンド

「ノマドランド」

 作品一覧→
  • ヴァネッサ・カービー
    「私というパズル」
     予告編→
     作品一覧→
  • ラダ・ブランク
    「40歳の解釈:ラダの場合」
     予告編→
  • バッキー・バクレイ
    「Rocks(原題)」
  • ウンミ・モサク
    「獣の棲む家」
     Netflix→
  • アルフレ・ウッダード
    「クレメンシー」
助演男優賞 ダニエル・カルーヤ

「ユダ&ブラック・メシア」

 作品一覧→
  • ポール・レイシー
    「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」
     作品一覧(Wikipedia)→
  • レスリー・オドム・ジュニア
    「あの夜、マイアミで」
     作品一覧→
  • アラン・キム
    「ミナリ」
  • クラーク・ピータース
    「ザ・ファイブ・ブラッズ」
  • バリー・コーガン
    「Calm with Horses」
助演女優賞 ユン・ヨジョン

「ミナリ」

 作品一覧→
  • マリア・バカロワ
    「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画」
  • ニアム・アルガー
    「Calm with Horses」
  • コサル・アリ
    「Rocks」
  • ドミニク・フィッシュバック
    「ユダ&ブラック・メシア」
  • アシュレイ・マデウィ
    「County Lines」
脚本賞 プロミシング・ヤング・ウーマン
  • シカゴ7裁判
  • Mank(マンク)
  • Rocks(ロックス)
  • アナザー・ラウンド
脚色賞 ファーザー
  • ノマドランド
  • ザ・ホワイトタイガー
  • 時の面影
  • モーリタニアン
長編アニメ賞 ソウルフル・ワールド

(公開:2020年12月25日、ディズニープラス配信)

 予告編→

 ディズニープラス→
外国語(英語以外)作品賞 アナザーラウンド

(デンマーク)

(公開:2021年9月3日)

 予告編→
  • ミナリ
    (公開:2021年3月19日)
     予告編→
  • レ・ミゼラブル
    (公開:2020年2月28日)
     (フランス)
     予告編→
  • Quo Vadis, Aida?
    (ボスニア、ヘルツェゴビナ)
  • Dear Comrades!
    (ロシア)
衣装デザイン賞 マ・レイニーのブラックボトム

(衣装デザイナー:アン・ロス)

(ネットフリックス配信:2020年12月18日)

 予告編→

 動画配信(Netflix)→
  • Mank(マンク)
    (衣装デザイナー:トリッシュ・サマービル)
    (劇場公開:2020年11月20日、ネットフリックス配信:2020年12月4日、)
     動画配信(Netflix)→
  • エマ.
    (衣装デザイナー:アレクサンドラ・バーン)
  • アンモナイトの目覚め
  • The Dig
キャスティング賞 Rocks
撮影賞 ノマドランド
  • Mank(マンク)
  • ユダ&ブラック・メシア
  • この茫漠(ぼうばく)たる荒野で
  • モーリタニアン
編集賞 サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~
  • シカゴ7裁判
  • ノマドランド/span>」
  • ファーザー
  • プロミシング・ヤング・ウーマン
美術賞 Mank(マンク)
  • この茫漠(ぼうばく)たる荒野で
  • レベッカ
  • ファーザー
  • The Dig
音響賞 サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~
  • ノマドランド
  • ソウルフルワールド
  • この茫漠(ぼうばく)たる荒野で
  • グレイハウンド
特殊視覚効果(ビジュアル・エフェクト)賞 テネット(TENET)

 動画配信(アマゾン)→

 クリストファー・ノーラン監督インタビュー→
ドキュメンタリー映画賞 オクトパスの神秘: 海の賢者は語る
  • Collective
    (ルーマニア)
     予告編→
  • 監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影
  • The Dissident
  • デヴィッド・アッテンボロー 地球に暮らす生命
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 マ・レイニーのブラックボトム
  • ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌(あいか)
  • Mank(マンク)
  • ピノキオ
  • The Dig
作曲賞 ソウルフル・ワールド

作曲家:トレント・レズナー&アッティカス・ロス&ジョン・バティステ
  • Mank(マンク)
    作曲家:トレント・レズナー&アッティカス・ロス
  • この茫漠(ぼうばく)たる荒野で
    作曲家:ジェームズ・ニュートン・ハワード
  • ミナリ
    作曲家:エミール・モッセーリ
  • プロミシング・ヤング・ウーマン

2020年

「1917 命をかけた伝令」が作品賞。最多7部門を受賞<

2020年は、イギリスとアメリカの合作である「1917 命をかけた伝令」が作品賞を受賞しました。 このほかイギリス映画作品賞や監督賞も獲得し、最多の7部門を制しました。 一方、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、脚本賞と外国語映画賞の2冠に輝きました。

部門 受賞者(作品) ノミネート
作品賞 1917 命をかけた伝令

(公開:2020年2月14日)

 予告編→
イギリス映画作品賞 1917 命をかけた伝令

(公開:2020年2月14日)

 予告編→
監督賞 サム・メンデス
「1917 命をかけた伝令」
  • マーティン・スコセッシ
    「アイリッシュマン」
  • ポン・ジュノ
    「パラサイト 半地下の家族」
  • クエンティン・タランティーノ
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
  • トッド・フィリップス
    「ジョーカー」
主演男優賞 ホアキン・フェニックス

「ジョーカー」
  • アダム・ドライバー
    「マリッジ・ストーリー」
  • レオナルド・ディカプリオ
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
  • ジョナサン・プライス
    「2人のローマ教皇」
  • タロン・エガートン
    「ロケットマン」
主演女優賞 レネー・ゼルウィガー

「ジュディ 虹の彼方に」
  • スカーレット・ヨハンソン
    「マリッジ・ストーリー」
  • シャーリーズ・セロン
    「スキャンダル」
  • シアーシャ・ローナン
    「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
  • ジェシー・バックリー
    「ワイルド・ローズ(邦題未定)」
助演男優賞 ブラッド・ピット

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
  • アル・パチーノ
    「アイリッシュマン」
  • ジョー・ペシ
    「アイリッシュマン」
  • トム・ハンクス
    「幸せへのまわり道」
  • アンソニー・ホプキンス
    「2人のローマ教皇」
助演女優賞 ローラ・ダーン

「マリッジ・ストーリー」
  • マーゴット・ロビー
    「スキャンダル」
  • マーゴット・ロビー
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
  • スカーレット・ヨハンソン
    「ジョジョ・ラビット」
  • フローレンス・ピュー
    「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
脚本賞 パラサイト 半地下の家族
  • マリッジ・ストーリー
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
  • ブックスマート(邦題未定)
脚色賞 ジョジョ・ラビット
  • アイリッシュマン
  • 2人のローマ教皇
  • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
  • ジョーカー
衣装デザイン賞 ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
  • アイリッシュマン
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ジュディ 虹の彼方に
  • ジョジョ・ラビット
長編アニメ賞 クロース
(公開:2019年11月)
 予告編→
 Netflix→
外国語(英語以外)作品賞 パラサイト 半地下の家族

(公開:2020年1月10日)

 予告編→

 (韓国)
  • フェアウェル
    (公開:2020年春)
     予告編→
     (中国語と英語)
  • 娘は戦場で生まれた
    (公開:2020年2月29日)
     予告編→
  • Pain and Glory
     (スペイン)
  • Portrait of a Lady on Fire
     (フランス)
キャスティング賞 ジョーカー
  • パーソナル・ヒストリー・オブ・デビッド・カッパーフィールド
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • マリッジ・ストーリー
  • 2人のローマ教皇
撮影賞 1917 命をかけた伝令
  • アイリッシュマン
  • ライトハウス(邦題未定)
  • ジョーカー
  • フォードvsフェラーリ
編集賞 フォードvsフェラーリ
  • アイリッシュマン
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ジョジョ・ラビット
  • ジョーカー
美術賞 1917 命をかけた伝令
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • アイリッシュマン
  • ジョジョ・ラビット
  • ジョーカー
音響賞 1917 命をかけた伝令
  • フォードvsフェラーリ
  • ジョーカー
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
  • ロケットマン
特殊視覚効果(ビジュアル・エフェクト)賞 1917 命をかけた伝令
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
  • アベンジャーズ/エンドゲーム
  • ライオン・キング
  • アイリッシュマン
ドキュメンタリー映画賞 娘は戦場で生まれた

(公開:2020年2月29日)

 予告編→
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 スキャンダル
  • 1917 命をかけた伝令
  • ジュディ 虹の彼方に
  • ジョーカー
  • ロケットマン
作曲賞 ジョーカー

ヒドゥル・グドナドッティル
  • 1917 命をかけた伝令
    トーマス・ニューマン
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    ジョン・ウィリアムズ
  • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    アレクサンドル・デスプラ
  • ジョジョ・ラビット

2019年(第25回)

部門 受賞者 ノミネート
作品賞 ROMA/ローマ
(公開:2018年12月からNetflixで配信)
 解説→
 予告編→
 Netflixの配信ページ→
英国作品賞 女王陛下のお気に入り
(公開:2019年2月15日)
 予告編(Amazon)→
  • ボヘミアン・ラプソディ
    (公開:2018年11月)
     解説→
     予告編(Amazon)→
  • 「マックイーン:モードの反逆児」
  • 「僕たちのラストステージ」
  • 「ビューティフル・デイ」
  • 「Beast(原題)」
監督賞 アルフォンソ・キュアロン
「ROMA/ローマ」
 作品一覧→
主演男優賞 ラミ・マレック
「ボヘミアン・ラプソディ」
 作品一覧→
  • クリスチャン・ベイル
    「バイス」
     作品一覧→
  • ブラッドリー・クーパー
    「アリー/スター誕生」
     作品一覧→
  • ヴィゴ・モーテンセン
    「グリーンブック」
     作品一覧→
  • スティーヴ・クーガン
    「僕たちのラストステージ」
主演女優賞 オリビア・コールマン
「女王陛下のお気に入り」
 作品一覧→
  • グレン・クローズ
    「天才作家の妻 -40年目の真実-」
     作品一覧→
  • レディー・ガガ
    「アリー/スター誕生」
     作品一覧→
  • ビオラ・デイビス
    「妻たちの落とし前」
  • メリッサ・マッカーシー
    「ある女流作家の罪と罰」
     作品一覧→
助演男優賞 マハーシャラ・アリ
「グリーンブック」
 作品一覧→
  • リチャード・E・グラント
    「ある女流作家の罪と罰」
     作品一覧→
  • サム・エリオット
    「アリー/スター誕生」
     作品一覧→
  • アダム・ドライバー
    「ブラック・クランズマン」
     作品一覧→
  • ティモシー・シャラメ
    「ビューティフル・ボーイ」
助演女優賞 レイチェル・ワイズ
「女王陛下のお気に入り」
 作品一覧→
  • クレア・フォイ
    「ファースト・マン」
  • エマ・ストーン
    「女王陛下のお気に入り」
     作品一覧→
  • エイミー・アダムス
    「バイス」
     作品一覧→
  • マーゴット・ロビー
    「ふたりの女王」