アカデミー賞

受賞

受賞 作品賞
監督賞
デヴィッド・リーン
作曲賞
モーリス・ジャール
録音賞
ジョン・コックス
美術賞(カラー)
ジョン・ボックス(美術)、ジョン・ストール(美術)、ダリオ・シモーニ(装置)
撮影賞(カラー)
F・A・ヤング
編集賞
アン・V・コーテス

ノミネート

ノミネート 主演男優賞
ピーター・オトゥール
助演男優賞
オマー・シャリフ
脚色賞
ロバート・ボルト、A・グリーン

映画「アラビアのロレンス」とは

砂漠とアラブに夢を抱いたイギリス人の叙事詩

「アラビアのロレンス」ことトーマス・エドワード・ロレンスは、アラブ世界と西洋を結ぶ懸け橋となった人物として知られる。 1935年、オートバイの事故でこの世を去ったが、伝説的な存在として語り継がれた。

本作は、そんなロレンスの矛盾や謎をあえてそのまま描いた傑作である。 物語は、おおむねロレンスが記したアラブ独立運動の記録「知恵の七柱」に基づいている。 前半ではロレンスの砂漠に対する深い愛が描かれる。

だが、やがてトルコ人の虐殺を指揮することになる。 イデオロギーや異常心理、深い慈悲など、ロレンスの多面的な人物像が描かれる。 複雑な人間性をそのまま表現しようとしており、 伝説を忠実に追うシンプルなストーリーになっている。

ロレンス役のピーター・オトゥールは、 容貌が本人にそっくりで、 演技も称賛された。(大河平隆哉)

1962年/イギリス/207分/原題「Lawrence of Arabia」

動画

予告編