オスカー作品賞の名作ベスト40(2015年5月)

順位 作品名 受賞年
1 カサブランカ

 予告編(Amazonビデオ)→

第2次世界大戦下のモロッコを舞台にした傑作ロマンス。ハンフリー・ボガートの名ゼリフ「君の瞳に乾杯」で知られる。うるんだ瞳のイングリッド・バーグマンの美しさが際立つ。第16回オスカーでは作品賞のほか、監督賞、脚色賞を受賞。かつての恋人たちの思い出を奏でる名曲「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」が切ない。
1944年
(第16回)
2 ゴッドファーザー

 予告編(Amazonビデオ)→
 吹替版(Amazonビデオ)→

米国のイタリア系マフィアの内幕を描いた傑作。監督は、当時まだ32歳だったフランシス・コッポラ。主人公のヴィト・コルレオーネ(マーロン・ブランド)は、イタリアのシシリア島からアメリカへ移住した。苦労の末に富を築き上げた。相手が貧しく微力でも、助けを求めに来れば親身になって問題を解決する。抗争では冷酷だが、仲間からは「ドン」「ゴッドファーザー」と慕われ、何よりも家族を大切する。マリオ・プーゾのベストセラー小説が原作。
1973年
(第45回)
3 ゴッドファーザーPARTⅡ

続編の映画として史上初めてオスカー作品賞に輝いた。「パート1」の「前」と「後」の物語が描かれている。マフィアのコルレオーネ一族のうち、ロバート・デニーロ演じる父親と、アル・パチーノ演じる息子が主人公。
1975年
(第47回)
4 アニー・ホール

ウディ・アレンの最高傑作のひとつ。ロマンチック・コメディ。アレン自ら演じる男とが、恋人アニー(ダイアン・キートン)との関係が失敗した理由を探っていく物語。当時アレンは41歳。脚本は、史上最も愉快な傑作として称えられている。
1978年
(第50回)
5 アラビアのロレンス

 予告編(Amazonビデオ)→
1963年
(第35回)
6 波止場

 予告編(Amazonビデオ)→
1955年
(第27回)
7 風と共に去りぬ

 予告編(Amazonビデオ)→
1940年
(第12回)
8 イヴの総て 1951年
(第23回)
9 或る夜の出来事

 予告編(Amazonビデオ)→
1935年
(第7回)
10 羊たちの沈黙 1992年
(第64回)
11 許されざる者 1993年
(第65回)
12 シンドラーのリスト 1994年
(第66回)
13 我等の生涯の最良の年 1947年
(第19回)
14 地上より永遠に 1954年
(第26回)
15 愛と追憶の日々 1984年
(第56回)
16 真夜中のカーボーイ 1970年
(第42回)
17 ウエスト・サイド物語 1962年
(第34回)
18 アパートの鍵貸します 1961年
(第33回)
19 戦場にかける橋 1958年
(第30回)
20 カッコーの巣の上で 1976年
(第48回)
21 わが谷は緑なりき 1942年
(第14回)
22 巴里のアメリカ人 1952年
(第24回)
23 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 2004年
(第76回)
24 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 2015年
(第87回)
25 グランド・ホテル 1933年
(第5回)
26 夜の大捜査線 1968年
(第40回)
27 わが命つきるとも 1967年
(第39回)
28 ハムレット 1949年
(第21回)
29 レベッカ 1941年
(第13回)
30 フレンチ・コネクション 1972年
(第44回)
31 ディパーテッド 2007年
(第79回)
32 それでも夜は明ける 2014年
(第86回)
33 ハート・ロッカー 2010年
(第82回)
34 普通の人々 1981年
(第53回)
35 クレイマー・クレイマー 1980年
(第52回)
36 ミリオン・ダラー・ベイビー 2005年
(第77回)
37 恋におちたシェイクスピア 1999年
(第71回)
38 アマデウス 1985年
(第57回)
39 スティング 1974年
(第46回)
40 ノーカントリー 2008年
(第80回)