Mank/マンクのアカデミー賞

作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞で有力と予想

オスカーの予想を集計するサイト「ゴールドダービー」によると、 「Mank/マンク」は作品賞の有力順位が「2位」となっています(2020年10月2日現在)。 また、デヴィッド・フィンチャー監督は、監督賞の有力候補の一人と見られており、 ゴールドダービーの集計では監督賞候補の1位に挙げられています。

<ノミネートが有力視される部門>
ノミネートが有力視される部門 作品賞
監督賞
デヴィッド・フィンチャー
主演男優賞
ゲイリー・オールドマン
助演男優賞
トム・ペルフリー
助演女優賞
アマンダ・サイフリッド
脚本賞
ジャック・フィンチャー

※米予想サイト「ゴールドダービー」の予想です(2020年10月2日現在)。

Mank/マンクとは

ネットフリックス作品。

映画の歴史の中で、最高の傑作の一つとして評価されている「市民ケーン」。 この映画の脚本を書いたハーマン・マンキーウィッツが、 監督のオーソン・ウェルズから、脚本のクレジットを勝ち取ろうとする姿を描く。

デビッド・フィンチャー監督の6年ぶりの監督作品。 フィンチャーは「ソーシャル・ネットワーク」「ベンジャミン・バトン」「ファイト・クラブ」「セブン」など数々の名作を生んできた。 このうち、Facebookの創業者を描いた「ソーシャル・ネットワーク」は2010年代の10年間で最高の名作と評価する声が多い。同じく絶賛された「ゴーン・ガール」以来の監督復帰である。

フィンチャーの父親で、脚本家だったジャック・フィンチャーが書いた脚本に基づく。

主演はゲイリー・オールドマン。

動画

Netflix

ネットフリックスの配信ページ→


日本公開日

2020年12月4日