アカデミー賞

受賞

受賞 作品賞
監督賞
アンソニー・ミンゲラ
助演女優賞
ジュリエット・ビノシュ
劇映画音楽賞
ガブリエル・ヤレド
録音賞
ウォルター・マーチ、マーク・バーガー、デヴィッド・パーカー、クリス・ニューマン
美術賞
スチュアート・クレイグ (美術)、ステファニー・マクミラン (装置)
撮影賞
ジョン・シール
衣装デザイン賞
アン・ロス
編集賞
ウォルター・マーチ

ノミネート

ノミネート 主演男優賞
レイフ・ファインズ
主演女優賞
クリスティン・スコット・トーマス
脚色賞
アンソニー・ミンゲラ

映画「イングリッシュ・ペイシェント」とは

官能的な「砂漠の不倫」が9部門独占

カナダの作家マイケル・オンダーチェの原作「イギリス人の患者」を、プロデューサー、監督、原作者の三人がかりで脚本にした。 風格のあるメロドラマ。スケールが大きく、甘美で、哀切きわまりない。 主題は「愛と死」。冒険、戦争、忠誠、裏切りといったテーマも備えている。

舞台は、第二次世界大戦の末期のイタリア。 廃墟と化した修道院で、 カナダ人の看護師ハナが、イギリス人の患者アルマシーを看病している。 彼はサハラ砂漠を飛行中、ドイツ軍に撃墜されて重傷を負っていた。

そこで、連合軍に雇われているカナダ人のカラバッジョと、シーク教徒のキップが加わる。 この4人を軸に、愛と忠誠と裏切りの物語が紡ぎだされる。

観客を最後まで引きつけるのは、 患者アルマシーの過去の物語だ。 彼は実はハンガリーの探検家で、 戦前は砂漠の地図を作成していた。 北アフリカで人妻キャサリンと出会い、 運命の恋におちる。

2人の恋と並行し、さまざまな愛の形が示される。 ハナが患者に注ぐ癒しの愛、 ハナとキャップが互いの腕の中に見いだす安らぎ、 アルマシーの砂漠への憧憬。

原作では前面に出ていなかった愛の物語が、 ウィットと情熱あふれる映像に解き放たれている。

プロデューサーのソウル・ゼインツは「カッコーの巣の上で」(1975年)、「アマデウス」(1984年)に続く3つ目の作品賞の獲得となった。 (目黒隆史郎)

1996年/アメリカ/166分/原題「The English Patient」

動画

ネット配信(ストリーミング)

「イングリッシュ・ペイシェント」は、Amazonビデオなどでストリーミング配信されています。

Amazonビデオ(Prime Video)
<字幕版>

字幕版はこちら→

<吹替版>

吹替版はこちら→

Netflix

Netflix(ネットフリックス)の視聴ページはこちら→です。

予告編