作品賞の下馬評

ラ・ラ・ランド、ムーンライトがデッドヒート?

アカデミー賞2017の開催月日は、2017年2月26日(日)です。(ノミネートの発表は、1月24日です)

(◎・・・最有力、○・・・有力、△・・・大穴)

作品名 予想 日本公開 解説
ムーンライト
(Moonlight)
未定 黒人監督バリー・ジェンキンス氏によるドラマ。製作費がわずか6億円のインデペンデント映画ながら、評論家に圧倒的な支持を得た。 マイアミの貧困地区に生まれた黒人男性の物語。 ゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)を受賞。米国映画批評会議賞(ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞)では、監督賞を受賞。ゴッサム・インディペンデント映画賞で作品賞を受賞。 米タイム誌が選ぶ今年の映画ベスト1に選出された。ブラッド・ピットがエグゼクティブプロデューサーに名を連ねている。
ラ・ラ・ランド
(La La Land)
2017年2月24日 ミュージカル映画。 ゴールデングローブ賞の作品賞(コメディ&ミュージカル部門)を受賞。監督賞、脚本賞なども受賞。 トロント国際映画祭で観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)を受賞。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが主演。 監督は「セッション」で大喝采を浴びた若干31歳(1985年生まれ)のデミアン・チャゼル。 「シカゴ」以来のミュージカルの作品賞獲得となるか、注目されている。
マンチェスター・バイ・ザ・シー
(Manchester by the Sea)
2017年5月 アメリカで権威のある「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞」(米国映画批評会議)の作品賞を受賞。主演男優賞も受賞した。 「サンダンス映画祭」で話題となり、あのAmazon(アマゾン・スタジオ)が配給権を獲得した注目映画。 主演は『ジェシー・ジェームズの暗殺』でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされたことがあるが、 これまで地味な役柄が多かったケイシー・アフレック(ベン・アフレックの弟)。 監督は「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの脚本を手掛けたケネス・ロナーガン。 マット・デイモンがプロデューサーに名を連ねている。
最後の追跡
(Hell or High Water)
ネットフリックス(Netflix)で2016年11月18日から公開 イギリスのデヴィッドマッケンジー監督による西部劇。ジェフ・ブリッジス主演。強盗犯の兄弟を描いている。アメリカでは2016年の夏に公開され、当初の予想を上回るヒット作となった。
フェンス
(Fences)
未定 デンゼル・ワシントンが監督と主演。トニー賞を受賞した同名のブロドーウェイの演劇を映画化した。「ヘルプ」のビオラ・デイビスも出演。
20th センチュリーウィメン(20世紀の女性たち)
(20th Century Women)
未定 音楽ビデオ(PV)の製作で知られるマイク・ミルズが監督のインデペンデント映画。アネット・ベニングが主演。アメリカでの公開は2016年12月25日。ベニングの演技が称賛されており、女優賞の行方も注目される。
アライバル
(Arrival)
未定 SF映画。「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。 エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー主演。 ベネチア国際映画祭で監督賞にノミネートされた。
ラヴィング
(Loving)
未定 異なる人種同士の結婚を禁じたアメリカの州の法律が、1967年に最高裁で無効とされたが、 その原告のカップルの話。 監督は、若手のホープ、ジェフ・ニコルス。
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
(Jackie)
2017年3月31日 暗殺されたケネディ大統領の妻ジャッキー・ケネディーの伝記。ナタリー・ポートマン主演。監督は「NO(ノー)」などで知られるチリ人のパブロ・ラライン。 ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞。トロント国際映画祭で監督賞を受賞
沈黙~サイレンス
(Silence)
2017年1月21日 原作は、遠藤周作の「沈黙」。マーティン・スコセッシ監督。 17世紀に日本を訪れたキリスト教宣教師の話。 主演は「ソーシャルネットワーク」「スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。 日本からは、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、小松菜奈、塚本晋也らも出演。
ハドソン川の奇跡
(Sully)
公開終了(2016年9月に公開)。DVDは2017年1月25日に発売&レンタル開始 ニューヨークのハドソン川に墜落した旅客機を救った機長の話。クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演。
ライオン
(Lion)
未定 幼少期に母親と別れ、25年後に再開を果たしたインド生まれのオーストラリア人の実話がベース。 本人が書いた本(ノンフィクション)である「25年目の『ただいま』 5歳で迷子になった僕と家族の物語」が原則。 監督は、日本ではほぼ無名のオーストラリア人ガース・デイビス。 主演は、「スラムドッグ$ミリオネア」でも主役を演じたデーヴ・パテール。 ほかに、ルーニー・マーラ、デビッド・ウェナム、ニコール・キッドマンが出演。

監督賞

デミアン・チャゼルが大本命

監督名と作品名 予想 解説
デミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」
ゴールデングローブ賞で監督賞を受賞。
バリー・ジェンキンス
「ムーンライト」
ニューヨーク映画批評家協会賞と全米映画批評家協会賞の監督賞を受賞。
ケネス・ロナーガン
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」(2000年)で高い評価を得た映画監督。

主演男優賞

アフレックが最有力?

俳優名と作品名 予想 解説
ケイシー・アフレック
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
ベン・アフレックの弟。ゴールデングローブ賞で主演男優賞(ドラマ部門)を受賞
ライアン・ゴズリング
「ラ・ラ・ランド」
ゴールデングローブ賞で主演男優賞(ミュージカル部門)を受賞

主演女優賞

エマ・ストーンらの三つ巴の大混戦?

俳優名と作品名 予想 解説
ナタリー・ポートマン
「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
「ブラック・スワン」に次ぐ2度目の受賞なるか。
エマ・ストーン
「ラ・ラ・ランド」
ゴールデングローブ賞で主演男優賞(ミュージカル部門)を受賞
イザベル・ユペール
「エル(Elle)」
ゴールデングローブ賞で主演男優賞(ドラマ部門)を受賞

助演男優賞

マハーシャラ・アリがリード?

俳優名と作品名 予想 解説
マハーシャラ・アリ
「ムーンライト」
当初は最有力と見られていたが、ゴールデングローブ賞は受賞を逃した。 助演女優賞のヴィオラ・デイヴィスとともに、ダブルで黒人俳優の受賞なるかが注目される。
アーロン・テイラー・ジョンソン
「ノクターナル・アニマルズ」
ゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞し、有力候補の一角に急浮上
ジェフ・ブリッジス
「最後の追跡」
2010年に大ヒットした西部劇映画「トゥルー・グリッド」に次ぐ受賞なるか?

助演女優賞

デイヴィス対ウィリアムズの一騎打ちか?

俳優名と作品名 予想 解説
ヴィオラ・デイヴィス
「フェンス」
ゴールデングローブ賞で助演女優賞を受賞
ミシェル・ウィリアムズ
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
オスカーの4度目のノミネートが有力視されており、初受賞なるかが注目される。全米映画批評家協会賞では、ヴィオラ・デイヴィスをおさえて助演女優賞を受賞。

アニメ映画賞

「君の名は。」のノミネートはどうなる?

作品名 予想 日本公開 解説
ファインディング・ドリー
(Finding Dory)
公開済み ピクサーの新作。2003年公開の「ファインディング・ニモ」の続編
邦題未定
(Kubo and the Two Strings)
未定 太古の日本を舞台にした冒険アニメ。ライカが製作。批評家から高い評価を得た。
ズートピア
(Zootopia)
公開済み
君の名は。
(Your Name)
公開済み 日本が生んだ名作