ブラックパンサーのオスカー受賞歴

6部門でノミネート

ノミネート 作品賞
 予告編(Amazon)→
美術賞
録音賞
音響編集賞
歌曲賞
ケンドリック・ラマー&シザ「オール・ザ・スターズ」
 動画→
 試聴(Amazon)→
作曲賞

文化的な意義も評価

ブラックパンサーは、アクションや特殊効果だけでなく、演技、監督、脚本、キャスティング、衣装デザインなど様々な点で総合的に称賛されました。 ヒーロー映画の一つのブレイクスルーとされています。 主役や監督をはじめ、主要なキャストと製作スタッフの大半を黒人が占めており、 かつ、作品全体としてアフリカ文化の魅力を存分に引き出したとして、 文化的な意義も評価されています。

スーパーヒーロ映画で初めて

これまでのアカデミー賞で、スーパーヒーロー映画は冷遇されてきました。 スーパーヒーロ映画やアメコミ映画が作品賞にノミネートされたことはありませんでした。

ワンダーウーマンを無視

2018年は、同じくアメコミ映画の秀作として絶賛され、候補入りが有力視されていた「ワンダーウーマン」が全くノミネートされず、 批判が出ました。

ダークナイトを冷遇

その9年前の2009年には、 名作として称えられたバットマン・シリーズの「ダークナイト」が作品賞にノミネートされず、 全米の映画ファンからひんしゅくを買いました。

ノミネート枠が増える契機に

ダークナイトが作品賞にノミネートされなかったことは、 オスカーの作品賞のノミネート枠が拡大するきっかけの一つになりました。 従来ノミネートは5でしたが、2010年から「最大10」に増えました。 それから9年後、ついにアメコミファン念願のノミネート獲得に至りました。

公開時期は不利

オスカーでは年末に上映された映画が有利になることが多く、 1月下旬に公開されたブラックパンサーは、 その点では不利でした。 しかし、配給会社ディズニーがオスカー獲りに向けたキャンペーンをしっかり展開したこともあり、 無事ノミネートされました。

北米で史上3位!幻の「人気映画賞」候補

ブラックパンサーは興行成績の面でも記録的なヒットとなりました。 北米市場における興行収入は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年)」「アバター(2009年)」に次いで史上3位となりました。 2019年のアカデミー賞から創設されることが一時内定した「ポピュラー映画賞(人気映画賞)」は、 ブラックパンサーを意識して準備されたと見られています。 結局この賞は新設が見送られましたが、 大衆に幅広く支持された映画を称えることは、 オスカーの注目度アップや授賞式の視聴率アップにつながるという期待も大きいです。

ブラックパンサーとは

ブラックパンサーは、アメリカの漫画(アメコミ)の映画化作品です。 マーベルの作品の一つであり、マンガのキャラクターとしては50年以上の歴史を持っています。 映画「アベンジャーズ」シリーズに脇役として登場することはありましたが、主人公として映画になるのは初めてです。

ストーリー

アフリカの秘境に位置するワカンダが舞台。 世界からは「小国」と見られているものの。奇跡的なパワーを持つ鉱石ヴィブラニウムを保持しています。 その新国王となったティ・チャラは王として国を治めながら、漆黒のスーツに身を包んだ闇のヒーロー「ブラックパンサー」として秘密を守る使命を負うことになります。

原題

「Black Panther」
意味:クロヒョウ

日本公開日

2018年3月1日(木)

動画

ネット配信(ストリーミング)

「ブラックパンサー」は、Amazonビデオでストリーミング配信されています。

Amazonビデオ(Prime Video)
<字幕版>

字幕版はこちら→

<吹替版>

吹替版はこちら→