配給はNetflix

本作はNetflixの配給になったことで、 アメリカの一部の映画館でしか上映されず、 すぐにネット配信での公開になった。 日本でも、東京国際映画祭にあわせて限定的に上映されただけで、 一般公開はなく、 12月にネット配信がスタートした。

劇場システムの衰退の序章に?

劇場でほとんど上映されない作品がオスカーの作品賞を獲得すれば、 映画館という業態やシステムそのものの本格的な衰退のきっかけになりかねない。 このため、劇場主ら興行業界には警戒感が広がっており、 これがアカデミー賞の投票の動向に影響する可能性がある。

ネット配信は有力な「雇い主」

ただ、オスカーの投票権を持つアカデミー会員(映画業界関係者)にとって、 NetflixやAmazonのようなネット配信会社は既に主要な仕事の供給源(資金源)の一つになっており、 ネット配信映画への反発や拒絶反応は今のところ少ない。 新しい産業への適合に柔軟(伝統的な産業への衰退にドライ)だというお国柄もあって、 実際のところ、アメリカの各アワードではネット配信の作品に対する拒絶反応はこれまでほとんど見られていない。

ネットフリックスの普及率が追い風

また、当初は劇場で公開されないことで「アリー/スター誕生」に比べて世論の盛り上がりが弱くなるとの予想もあったが、 Netflixで視聴した全米の映画ファンから称賛の声が広がっている。 米国でのNetflixの普及率の高さがむしろ追い風になっている面もある。

外国語映画として初の栄冠なるか

また、ROMA/ローマは英語でなくスペイン語の作品である点も注目されている。 米ハリウッド・リポーター誌によると、過去にアカデミー賞で外国語を主体とする映画が作品賞を受賞したことはない。 ROMA/ローマが作品賞に選ばれれば、この点でも史上初の快挙となる。

「映像美」に絶賛の嵐

監督の子供時代の家政婦がモデル

「ゼロ・グラビティ」でオスカーの監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロンが監督を務める。 ゼロ・グラビティ以来、5年ぶりの新作となる。 脚本もキュアロンが自ら書き、撮影も自身で手掛けた。

1970年代のメキシコシティのローマ地区に住む一般家庭が舞台。 主人公はその家族の家政婦(メイド)。 住み込みで家事や子育てに励む。 キュアロン監督自身の家族がモデルになっており、 監督はこの作品を家政婦に捧げている。

ロッテントマトで96%

映画評論家から絶賛されており、 ロッテントマトの数値(スコア)は「96%」(2018年12月現在)という極めて高い評価となっている。 レビューの良さでは、作品賞のライバルと目される「アリー/スター誕生」や「グリーンブック」を引き離している。

郷愁あふれるモノクロ(白黒)

とりわけ称賛されているのは、映像の美しさ。 全編がモノクロ(白黒)になっており、 1970年代を想起させるノスタルジーや、人間臭さ、温かさにあふれている。 遠目のカメラからゆったりと撮影されたり、 近くの面白いアングルから撮られたり、 ユニークで臨場感のあるシーンが連続。 それぞれの場面に立ち会っているかような感覚を与える。 映像に詳しいファンたちをうならせている。

丁寧な人物描写

主人公の家政婦はもとより、 登場する家族の一人一人を丁寧に描き、 観る側に様々な示唆や感情移入の機会を与える。

素人の俳優が大活躍

主人公の家政婦を演じるのは、 役者の経験が全くない素人。 それが、観る側に絶妙なリアリティを与えている。


監督賞、外国語映画賞、撮影も有力

オスカーでは、作品賞ノミネートに加えて、アルフォンソ・キュアロン(クアロン)の監督賞や脚本賞、撮影賞も有力になっている。 とくに監督賞では最有力と見られている。 また、外国語映画賞の受賞も最有力となっており、 日本の代表作品である「万引き家族」にとって強力なライバルとなる。

放送映画批評家協会賞

2019年の賞レースでは、ベネチア国際映画祭で作品賞を獲ったが、トロント国際映画祭でグリーンブックに敗れた。 一方、玄人受けする映画を選ぶ傾向がある「ニューヨーク映画批評家協会賞」ではグリーンブックに勝利し、粘り強さを見せた。 ゴールデングローブ賞では、賞の規定により外国語映画賞のカテゴリーに入れられてしまい、ドラマ作品賞にはエントリーされなかった。 アリー/スター誕生やグリーンブックなどライバルとの正面対決となった「放送映画批評家協会賞」では作品賞を獲得。さらに、監督賞と撮影賞も受賞して快勝した。

ROMA/ローマのオスカー予想

ノミネートが有力視されている部門

作品賞
外国語映画賞
監督賞
アルフォンソ・キュアロン
脚本賞
アルフォンソ・キュアロン
撮影賞
アルフォンソ・キュアロン
編集賞
美術賞

日本公開日

2018年12月14日(ネットフリックス独占配信。映画館での公開はなし)

動画

Netflix

ネットフリックスの配信ページ→

予告編