アカデミー賞

受賞

受賞 作品賞
監督賞
ギレルモ・デル・トロ
作曲賞
アレクサンドル・デスプラ
美術賞
ポール・D・オースターベリー
シェイン・ボー
ジェフリー・A・メルビン

ノミネート

ノミネート
主演女優賞
サリー・ホーキンス
助演男優賞
リチャード・ジェンキンス
助演女優賞
オクタビア・スペンサー
脚本賞
ギレルモ・デル・トロ
編集賞
シドニー・ウリンズキー
衣裳デザイン賞
ルイス・セケイラ
撮影賞
ダン・ローストセン
音響編集賞
ネイサン・ロビタイール
録音賞
ブラッド・ゾーアーン

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」とは

シェイプ・オブ・ウォーターはファンタジー的な恋愛映画。 「パンズ・ラビリンス」(2006年)で絶賛されたメキシコ人のギレルモ・デル・トロ監督の作品です。

声が出ない女性と半魚人

アメリカとソ連が対立していた冷戦時代の1962年。 米政府の極秘研究所で清掃員として働く声の出ない女性が主人公です。 この女性が極秘実験を目撃してしまうところから話が展開します。 半魚人のような生き物との言葉を超えたラブストーリー。 トロ監督が自ら脚本を書いた完全オリジナル作品です。

オスカー前哨戦

ベネチア国際映画祭で作品賞(金獅子賞)を受賞し、早くからオスカー候補として注目を集めました。 しかし、2018年1月に行われたゴールデン・グローブ賞では、 監督賞を受賞したものの、ドラマ作品賞ではスリー・ビルボードに敗北。 さらに、オスカーとの連動性が高い「SAGアワード」(全米俳優組合賞)では、最高賞のキャスト賞にノミネートすらされませんでした。 このため、オスカー直前の作品賞予想オッズでは、スリー・ビルボードに次ぐ2位となっていました。 ところが、総合的な芸術性の高さがアカデミー会員に評価されたのか、監督賞を順当に獲っただけでなく、作品賞を手中に収めました。

原題

「The Shape of Water」
意味:水の姿

日本公開日

2018年3月1日(木)

動画

ネット配信(ストリーミング)

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、Amazonビデオなどでストリーミング配信されています。

Amazonビデオ(Prime Video)
<字幕版>

字幕版はこちら→

<吹替版>

吹替版はこちら→

予告編