2020年のノミネート一覧

部門 受賞者(作品) ノミネート
作品賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表

 ※歴代の受賞作(作品賞)→
監督賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ポン・ジュノ
    「パラサイト 半地下の家族」
     作品一覧→
  • サム・メンデス
    「1917 命をかけた伝令」
     作品一覧→
  • マーティン・スコセッシ
    「アイリッシュマン」
     作品一覧→
  • クエンティン・タランティーノ
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
     作品一覧→
  • トッド・フィリップス
    「ジョーカー」
     作品一覧→

 歴代の受賞者(監督賞)→
主演男優賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ホアキン・フェニックス
    「ジョーカー」
     作品一覧→
  • アダム・ドライバー
    「マリッジ・ストーリー」
     作品一覧→
  • レオナルド・ディカプリオ
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
     作品一覧→
  • アントニオ・バンデラス
    「Pain and Glory」
     作品一覧→
  • ジョナサン・プライス
    「2人のローマ教皇」
     作品一覧→
  • ホアキン・フェニックス

    「ジョーカー」

     作品一覧→


■■↓受賞の最有力(予想)↓■■
ホアキン・フェニックス

「ジョーカー」

 作品一覧→

 ※歴代の主演男優賞→
主演女優賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • レネー・ゼルウィガー
    「ジュディ 虹の彼方に」
     作品一覧→
  • スカーレット・ヨハンソン
    「マリッジ・ストーリー」
     作品一覧→
  • シャーリーズ・セロン
    「スキャンダル」
     作品一覧→
  • シンシア・エリボ
    「ハリエット」
     作品一覧→
  • シアーシャ・ローナン
    「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
     作品一覧→


■■↓受賞の最有力(予想)↓■■
レネー・ゼルウィガー

「ジュディ 虹の彼方に」

 作品一覧→

 ※歴代の主演女優賞→
助演男優賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ブラッド・ピット
    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
     作品一覧→
  • アル・パチーノ
    「アイリッシュマン」
     作品一覧→
  • ジョー・ペシ
    「アイリッシュマン」
     作品一覧→
  • トム・ハンクス
    「A Beautiful Day in the Neighborhood」
     作品一覧→
  • アンソニー・ホプキンス
    「2人のローマ教皇」
     作品一覧→


■■↓受賞の最有力(予想)↓■■
ブラッド・ピット

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

 作品一覧→

 ※歴代の助演男優賞→
助演女優賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ローラ・ダーン
    「マリッジ・ストーリー」
     作品一覧→
  • マーゴット・ロビー
    「スキャンダル」
     作品一覧→
  • スカーレット・ヨハンソン
    「ジョジョ・ラビット」
     作品一覧→
  • キャシー・ベイツ
    「リチャード・ジュエル」
     作品一覧→
  • フローレンス・ピュー
    「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」
     作品一覧→


■■↓受賞の最有力(予想)↓■■
ローラ・ダーン

「マリッジ・ストーリー」

 作品一覧→

 ※歴代の助演女優賞→
長編アニメ賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表

 ※歴代のアニメ賞→
国際映画賞(外国語映画賞) 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
ドキュメンタリー映画賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
脚本賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    クエンティン・タランティーノ
  • パラサイト 半地下の家族
    ポン・ジュノ
    ハン・ジンウォン
  • マリッジ・ストーリー
    ノア・バームバック
  • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    ライアン・ジョンソン
  • 1917 命をかけた伝令
    サム・メンデス
    クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
脚色賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • アイリッシュマン
    スティーブン・ザイリアン
  • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    グレタ・ガーウィグ
  • 2人のローマ教皇
    アンソニー・マクカーテン
  • ジョジョ・ラビット
    タイカ・ワイティティ
  • ジョーカー
    トッド・フィリップス
    スコット・シルバー
衣装デザイン賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    (アリアンヌ・フィリップス)
  • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    (ジャクリーン・デュラン)
  • アイリッシュマン
    (サンディ・パウエル&クリストファー・ピーターソン)
  • ジョジョ・ラビット
    (マイェス・C・ルベオ)
  • ジョーカー
    (マーク・ブリッジス)
視覚効果(ビジュアル・エフェクト)賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
作曲賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
撮影賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • 1917 命をかけた伝令
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • アイリッシュマン
  • ライトハウス(邦題未定)
  • ジョーカー
編集賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • アイリッシュマン
  • ジョジョ・ラビット
  • フォードvsフェラーリ
  • パラサイト 半地下の家族
  • ジョーカー
美術賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • アイリッシュマン
  • 1917 命をかけた伝令
  • ジョジョ・ラビット
  • パラサイト 半地下の家族
音響編集賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • 1917 命をかけた伝令
  • フォードvsフェラーリ
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ジョーカー
録音賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • 1917 命をかけた伝令
  • フォードvsフェラーリ
  • アド・アストラ
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ジョーカー
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • 1917 命をかけた伝令
  • ジュディ 虹の彼方に
  • スキャンダル
  • ジョーカー
  • マレフィセント2
歌曲賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • アナと雪の女王2
    イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに
    パニック・アット・ザ・ディスコ
    動画→
  • ロケットマン
    (I’m Gonna) Love Me Again
    エルトン・ジョン&タロン・エガートン
    動画→
  • トイ・ストーリー4
    君のために
    ランディ・ニューマン
    動画→
  • ハリエット
    Stand Up
    シンシア・エリボ
    動画→
  • Breakthrough
    I'm Standing With You
    クリッシー・メッツ
    動画→
短編アニメ賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
短編ドキュメンタリー賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • Life Overtakes Me
     予告編→
  • St. Louis Superman
     予告編→
  • Learning to Skateboard in a Warzone (If You're a Girl)
  • Walk Run Cha-Cha
  • In the Absence
短編映画(実写)賞 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間に発表
  • 兄弟愛(Brotherhood)
  • Nefta Football Club
  • 向かいの窓(The Neighbors' Window)
  • Saria
  • A Sister

最多ノミネート

ジョーカーが11部門でトップ

<ノミネートの獲得数と順位>
順位 ノミネート数 作品名
1位 11 ジョーカー
2位 10 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
アイリッシュマン
1917 命をかけた伝令

候補作の日本公開カレンダー

2020年のオスカー候補作の映画館での劇場公開または動画配信のスケジュールです。


作品 公開日 ノミネートされた部門
アイリッシュマン 2019年11月
 Netflix→
作品賞、監督賞、助演男優賞(アル・パチーノ、ジョー・ペシ)、脚色賞、衣装デザイン賞、撮影賞、編集賞、美術賞、視覚効果賞
マリッジ・ストーリー 2019年12月6日(金)~Netflix配信
 Netflix→
作品賞、監督賞、主演男優賞(アダム・ドライバー)、主演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)、助演女優賞(ローラ・ダーン)、脚本賞
2人のローマ教皇 2019年12月20日(金)~Netflix配信 主演男優賞(ジョナサン・プライス)、助演男優賞(アンソニー・ホプキンス)、脚色賞
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 2019年12月20日(金) 音響編集賞、視覚効果賞、作曲賞
パラサイト 半地下の家族 2020年1月10日(金) 作品賞、監督賞、脚本賞、国際映画賞、編集賞、美術賞
フォードvsフェラーリ 2020年1月10日(金) 作品賞、編集賞、音響編集賞、録音賞
ジョジョ・ラビット 2020年1月17日(金) 作品賞、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)、脚色賞、衣装デザイン賞、編集賞、美術賞
リチャード・ジュエル 2020年1月17日(金) 助演女優賞(キャシー・ベイツ)
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 2020年1月31日(金) 脚本賞
1917 命をかけた伝令 2020年2月14日(金) 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞、メイク&ヘア賞、作曲賞
スキャンダル 2020年2月21日(金) 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞(マーゴット・ロビー)、メイク&ヘア賞
娘は戦場で生まれた 2020年2月29日(土) ドキュメンタリー映画賞
ジュディ 虹の彼方に 2030年3月6日 主演女優賞(レネー・ゼルウィガー)、メーク&ヘア賞
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 2020年3月27日 作品賞、主演女優賞(シアーシャ・ローナン)、助演女優賞(フローレンス・ピュー)、脚色賞、衣装デザイン賞、作曲賞
ハリエット

予告編→
2020年3月 主演女優賞(シンシア・エリボ)、歌曲賞
フェアウェル 2020年春 ノミネートされず

作品賞の予想

「1917 命をかけた伝令」がリードか

(予想:◎最有力、○有力、△大穴)

作品名 日本公開日 予想 解説
1917 命をかけた伝令

 予告編→
2020年2月14日(金) 前哨戦のゴールデングローブ賞でドラマ作品賞を受賞。 下馬評で最有力とされた「アイリッシュマン」に勝利した。 さらに、オスカーとの共通性が最も高い「PGA(全米プロデューサー組合賞)」でも作品賞を獲得。 全米公開のタイミングと賞レースの時期が重なったこともあり、 勢いを増している。

カメラを回し続ける撮影手法など映画の技術面が高く評価されている。 とりわけ「IMAX」の映画館で鑑賞した場合の迫力が称賛の的になっている。 主に家庭のテレビで鑑賞されるNetflixの作品(アイリッシュマンなど)と対比する形で、 「劇場体験」の凄さを伝える映画としてプッシュする声が盛り上がっている。

第一次世界大戦下のフランス北部が舞台。 主人公は、英国軍の若い兵士2人。 1600人の友軍兵士を救うため、 重要な伝令を担って、 危険な戦場を駆ける。 監督は「アメリカン・ビューティー」で20年前に作品賞と監督賞を受賞したサム・メンデス。 監督賞レースも最有力の一人。 (詳細→
パラサイト 半地下の家族

 予告編→
2020年1月10日(金) 韓国映画。作品賞、監督賞、脚本賞など6部門でノミネートされた。 すでに全米の各都市の映画評論家の団体が主催する賞で、次々と作品賞や監督賞を獲得した。 さらに、オスカーの有力な前哨戦とされる「SAGアワード(全米俳優組合賞)」で、最高賞の「アンサンブル・キャスト賞」を受賞し、 映画業界を驚かせた。

これまでアカデミー賞では外国語の映画が作品賞を獲得したことはない。 受賞すれば史上初の快挙となる。 2019年のアカデミー賞では、 スペイン語映画の「ROMA/ローマ」が作品賞の有力候補だったが、 受賞を逃した。 ROMA/ローマについては、 「芸術的だが、やや退屈」という声もあった。 しかし、パラサイトは娯楽性も高いため、 より幅広い支持を集めている。 とはいえ、やはり外国語の作品という点は不利な要素となる。

「半地下住宅」に住む貧しい家族の姿を描く。 貧富の格差がテーマになっている。(詳細→
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

 予告編→
2019年8月30日 クエンティン・タランティーノ監督。 やや落ち目の俳優とその専属スタントマンの2人を主人公とする愉快で痛快なドラマ。略称「ワンハリ」。 作品の舞台が「1960年代のアメリカ映画業界」になっており、 ハリウッドへの愛情に満ちている。 内輪のネタが好きなアカデミー賞の投票権者から支持を得やすいと見られている。

賞レースの序盤では「アイリッシュマン」に負け続けたが、 年明けの放送映画批評家協会賞(クリティックス・チョイス・アワード)で作品賞を獲得。 アイリッシュマンと入れ替わる形で、オスカーの最有力候補に浮上した。 過去のタランティーノの数々の業績も大きなプラス材料だ。

ただ、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドには、 「女性のキャラクターが軽視されている」「ブルース・リーをばかにしている」との批判もある。 また、タランティーノ個人に対しても、 長年にわたるセクハラが発覚した大物ワインスタインの下で「見て見ぬふりをしていた」との指摘も根強い。 アカデミーの男性会員だけでなく、女性会員からもくまなく投票が確保できるかが、作品賞獲得の行方を左右する。

主演レオナルド・ディカプリオと助演ブラッド・ピットは、それぞれ俳優部門でのノミネートが有力視されている。 とくにブラッド・ピットの演技は大絶賛を浴びており、 助演男優賞の最有力。 ブラピは過去にプロデューサーとして「それでも夜は明ける」で作品賞を受賞している。 役者としては過去に3度ノミネートされたものの、受賞はない。 (詳細→
アイリッシュマン

 予告編→
2019年11月27日(ネットフリックスで配信開始) 巨匠マーティン・スコセッシ監督のマフィア映画。 「作品賞の最有力」と予想する声が多い。 ネットフリックス(Netflix)のオリジナル作品。 一部の映画館で上映された後、11月に世界でネット配信された。

映画ファンや評論家から大絶賛されており、 レビューを集計する「ロッテン・トマト」のスコアは96%。 これは、オスカー候補作として名前が挙がっている映画の中では、 「パラサイト 半地下の家族」「フェアウェル」「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」に次ぐ高さである。 賞レースの序盤戦で快走したが、 世論の盛り上がりが持続せず、 終盤に入ってやや失速した。

主演はロバート・デ・ニーロ。 助演はアル・パチーノ、ジョー・ペシ。 スコセッシとデニーロのコンビは、 「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」という歴史的な名作を生んだが、今回はそられに匹敵する出来栄えと評価されている。 作品賞を受賞すれば、スコセッシ監督としては「ディパーテッド」以来、13年ぶり。(詳細→
ジョーカー

 予告編→
2019年10月4日 大ヒットを記録した勢いに乗り、本年のオスカーで最多となる11部門にノミネートされた。

アメリカの大人気漫画「バットマン」の悪役ジョーカーを主人公にした映画。 孤独な大道芸人が、凶悪な犯罪者へと変貌する過程を描く。

オスカー前哨戦の「ベネチア国際映画祭」で、作品賞を受賞した。 通常、コミック映画は、伝統と格式のある映画祭では不利となりがちだ。 しかし、世界で最も歴史の長い同映画祭において、予想外の勝利を獲得。 オスカー候補の一つとして浮上した。 興行成績も記録的なヒットとなった。

しかし、アメリカの映画評論家やファンの評判は、賛否両論に分かれた。 批評家のレビューをまとめる「ロッテン・トマト」では、 69%となっており、他のオスカー候補作と比べて低い。 低評価の理由としては、 「ややチープな政治的意見を前面に出すぎている」 「マーティン・スコセッシ監督の『タクシー・ドライバー』『キング・オブ・コメディ』など過去の映画の焼き直しだ。新鮮さがない」 「暴力に対する批判的な視点が足りない」 などが挙げられている。

ただ、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスは、全面的な称賛の嵐となった。 主演男優賞のレースでは大本命と見られている。
マリッジ・ストーリー

 予告編→
2019年12月6日(ネットフリックスで配信開始) ネットフリックス(Netflix)のオリジナル映画。離婚問題に直面する夫婦の愛憎劇。 監督は「フランシス・ハ」などで知られるノア・バームバック。 会話劇を得意とするバームバックのスキルがいかんなく発揮されている。

夫はニューヨークで活動する舞台監督。 妻は女優であり、ロサンゼルスで息子とともに再出発をしようとする。 1980年のアカデミー賞で作品賞を受賞した「クレイマー・クレイマー」の21世紀版とも受け止められている。

夫役のアダム・ドライバーは主演男優賞にノミネート。 「ジョーカー」のホアキン・フェニックスに次ぐ第2の有力候補と見られている。 妻役のスカーレット・ヨハンソンは主演女優賞ノミネート。 さらに、離婚案件を専門とするアグレッシブな弁護士を演じたローラ・ダーンが、 助演女優賞の受賞の大本命。 前哨戦でも連勝している。(詳細→
ジョジョ・ラビット

 予告編→
2020年1月17日(金) アカデミー賞の前哨戦の中で、 最も有力な試金石の一つとなるトロント国際映画祭において、 最高賞の「観客賞」を受賞した。

第二次世界大戦のドイツが舞台。 主人公はいじめられっ子の少年。 彼はアドルフ・ヒトラーを空想上の友達にする。 ある日、自分の母親(スカーレット・ヨハンソン)がユダヤ人の少女をかくまっているのを見つけた。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」で高い評価を得たタイカ・ワイティティ監督の辛口のユーモアのセンスが光る。

ナチスのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をテーマにした映画は、 アカデミー賞で高く評価される傾向がある。 アメリカでも深刻な社会問題になっている「ヘイト・スピーチ」の風潮に対抗するメッセージを持つ作品としても期待されている。
フォードvsフェラーリ

 予告編→
2020年1月10日(金) 大衆から評論家まで幅広く愛される王道のハリウッド映画。 2019年は傑作映画が多く公開され、 作品賞のノミネート争いもし烈になったが、 見事にノミネートを果たした。

マット・デイモンとクリスチャン・ベールが、 いずれも主演として登場。 2人とも演技が称賛されたが、 主演男優賞のノミネートを逃した。

世界の3大自動車レースの一つ、 「ル・マン24時間レース」の実話に基づいている。 時代設定は1963年。 カーレース界で王者に君臨していたフェラーリに対して、米フォードがプライドを賭けて挑む。フォードの技術者(デーモン)と、ドライバーに抜擢された英国人の型破りなレーサー(ベール)の友情と共闘がストーリーの軸になる。
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

 予告編(英語)→
2020年 監督は、アカデミー賞作品賞ノミネートの「レディ・バード」で大絶賛されたグレタ・ガーウィグ。 主演は、「レディ・バード」「ブルックリン」で2度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナン。

名作文学「若草物語」の映画化。 感動もの。南北戦争下のアメリカを舞台に、 田舎の四姉妹の成長ドラマを描く。

若草物語はこれまでに何度か映画化されてきたが、 今回はシニカルで現代的なタッチで知られるガーウィグ監督に就任。 ローナンのほか、エマ・ワトソン、ティモシー・シャラメら豪華な若手スターが共演する。

アメリカでは、女性の白人層の映画ファンから絶大な支持を得た。

監督賞の予想

ポン・ジュノ、サム・メンデスが最有力か

(予想:◎最有力、○有力、△大穴)

候補者 事前予想 解説
ポン・ジュノ
「パラサイト 半地下の家族」

強烈なオリジナリティにあふれる作品をつくったことで、 大絶賛されている。 作品賞が難しそうなら、監督賞でプッシュするムードが高まりそう。
サム・メンデス
「1917 命をかけた伝令」

作品の技術面における到達度の高さが評価されている。
クエンティン・タランティーノ
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

過去の傑作も加味して、合わせ技で初の監督賞もあり得るかも。

主演男優賞の予想

ホアキンが有利。対抗馬はアダム・ドライバー

(予想:◎最有力、○有力、△大穴)

候補者 事前予想 解説
ホアキン・フェニックス
「ジョーカー」
「ジョーカー」は作品に対する好き嫌いがはっきり分かれる傾向が強いため、 作品賞の獲得は難しそうだ。 しかし、作品を好きになれない人も、 ホアキン・フェニックスの演技は大絶賛している。 これまでも有力候補としてノミネートされながら、 受賞を逃してきたフェニックスがついに栄冠を手にする可能性が高いと予想されている。
アダム・ドライバー
「マリッジ・ストーリー」

ハリウッドでいま最も勢いに乗っているスター俳優。 インディー系のドラマからスター・ウォーズのようなSF大作まで、 どんな仕事でも輝かしい仕事ぶりを見せる。 マリッジ・ストーリーでの演技は、ホアキン・フェニックスのような派手さはないが、多くの人の心をわしづかみにした。

主演女優賞の予想

レネー・ゼルウィガーが本命

(予想:◎最有力、○有力、△大穴)

候補者 事前予想 解説
レネー・ゼルウィガー
「ジュディ 虹の彼方に」
スカーレット・ヨハンソン
「マリッジ・ストーリー」


長編アニメ賞の予想

「トイ・ストーリー4」がリードか

PGA(プロデューサー組合相)などの主要な前哨戦を制したトイ・ストーリー4が優勢と見られている。

(予想:◎最有力、○有力、△大穴)

候補者 事前予想 解説
トイ・ストーリー4

 字幕版(Amazon)→

 吹替版(Amazon)→

オスカー前哨戦の結果

2020年の賞レースの星取表

作品賞 監督賞 主演 助演
PGA(全米プロデューサー組合賞)
※投票者がオスカーと一部重複
1917 命をかけた伝令
SAGアワード(全米俳優組合賞)
※投票者がオスカーと一部重複
パラサイト 半地下の家族(キャスト賞) 【男優】
ホアキン・フェニックス

【女優】
レネー・ゼルウィガー
【男優】
ブラッド・ピット

【女優】
ローラ・ダーン
クリティックス・チョイス・アワード
(放送映画批評家協会賞)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド <同点で2人受賞>

パラサイト 半地下の家族

1917 命をかけた伝令
【男優】
ホアキン・フェニックス

【女優】
レネー・ゼルウィガー
【男優】
ブラッド・ピット

【女優】
ローラ・ダーン
ゴールデングローブ賞 【ドラマ部門】1917 命をかけた伝令

【コメディ部門】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

【外国語映画】パラサイト 半地下の家族
1917 命をかけた伝令 【男優】
ホアキン・フェニックス(ドラマ部門)
タロン・エガートン(コメディ/ミュージカル部門)

【女優】
レネー・ゼルウィガー(ドラマ部門)
オークワフィナ(コメディ/ミュージカル部門)
【男優】
ブラッド・ピット

【女優】
ローラ・ダーン
米国映画批評会議
(National Board of Review)
アイリッシュマン ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 【男優】
アダム・サンドラー

【女優】
レネー・ゼルウィガー
【男優】
ブラッド・ピット

【女優】
キャシー・ベイツ
シカゴ映画批評家協会賞 パラサイト 半地下の家族 パラサイト 半地下の家族 【男優】
アダム・ドライバー

【女優】
ルピタ・ニョンゴ
【男優】
ブラッド・ピット

【女優】
フローレンス・ピュー
ニューヨーク映画批評家協会賞
(New York Film Critics Circle Awards)
アイリッシュマン アンカット・ジェムズ 【男優】
アントニオ・バンデラス

【女優】
ルピタ・ニョンゴ
【男優】
ジョー・ペシ

【女優】
ローラ・ダーン
ロサンゼルス映画批評家協会賞 パラサイト 半地下の家族 パラサイト 半地下の家族 【男優】
アントニオ・バンデラス

【女優】
メアリー・ケイ・プレイス
【男優】
ソン・ガンホ

【女優】
ジェニファー・ロペス
トロント映画祭 ジョジョ・ラビット
ベネチア映画祭 ジョーカー アバウト・エンドレスネス
カンヌ映画祭 パラサイト 半地下の家族
ゴッサム・インディペンデント映画賞 マリッジ・ストーリー 【男優】
アダム・ドライバー

【女優】
オークワフィナ

候補作のロッテン・トマトのスコア

アメリカの映画評論家のレビューを集計する「ロッテン・トマト」(Rotten Tomatoes)の評価(スコア)のランキングです。 2020年のアカデミー賞の作品賞のノミネート有力候補について、評価の高い順に並べています。(2020年1月1日現在)


作品 スコア 動画配信
娘は戦場で生まれた 100%
パラサイト 半地下の家族 99%
フェアウェル 98%
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 97%
トイ・ストーリー4 97% Amazon→
ペイン・アンド・グローリー(邦題未定) 97%
アイリッシュマン 96% Netflix→
マリッジ・ストーリー 95%
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 95%
A Beautiful Day in the Neighborhood 95%
アベンジャーズ/エンドゲーム 94% Amazon→
フォードvsフェラーリ 92%
1917 89%
2人のローマ教皇 89%
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 85% Amazon→
ジョジョ・ラビット 79%
アナと雪の女王2 77%
ジョーカー 69%
スキャンダル 66%

選考・発表・放送の日程、スケジュール

日時 スケジュール
ノミネート発表 日本時間:2020年1月13日(月)の深夜
授賞式(結果発表) 日本時間:2020年2月10日(月)の昼間

作品賞以外にノミネートされた映画

作品名 日本公開日 解説
スキャンダル

【ノミネート部門】
主演女優賞(シャーリーズ・セロン) 、助演女優賞(マーゴット・ロビー)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞
2020年2月21日 アメリカの保守系ニュース専門チャンネル「FOX」のワンマン経営者として君臨してきたロジャー・エイルズのセクハラ事件を描く。実話に基づいている。 セクハラ被害を受ける人気キャスターのメ―ガン・ケリーに扮するシャーリーズ・セロンのそっくりさんぶりが話題になっている。

セロンの主演女優賞ノミネートが期待されている。マーゴット・ロビー、ニコール・キッドマンも、助演女優賞のノミネート候補の一角と見られている。
A Beautiful Day in the Neighborhood(フレッド・ロジャースの伝記)

 予告編(英語)→

【ノミネート部門】
助演男優賞(トム・ハンクス)
未定 アメリカの子供向けテレビ番組の司会者フレッド・ロジャースの伝記。 トム・ハンクスがロジャースを演じる。若き女性監督マリエル・ヘラーがメガホンをとった。 ヘラーは2018年の名作映画「ある女流作家の罪と罰」の監督として一躍脚光を浴びた。
ロケットマン

 予告編→

【ノミネート部門】
歌曲賞
2019年8月 イギリスが生んだ史上最高の歌手、エルトン・ジョンの伝記映画。 主人公エルトンを演じたタロン・エガ-トンは映画の中で、曲も自分で歌っている。 この点、クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じ、 2019年アカデミー賞主演男優賞を獲得したラミ・マレックとは異なる。 ラミは口パクだった。

エガートンは人気スパイ映画「キングスマン」シリーズの出演で知られる。 2018年に日本で公開されたシリーズ2作目の「キングスマン:ゴールデン・サークル」では、 エルトン・ジョンと共演していた。
アナと雪の女王2

 予告編→

【ノミネート部門】
歌曲賞
2019年11月 2014年の長編アニメ賞を受賞し、日本でも大ブームを巻き起こした「アナ雪」の続編。 前作から3年後という設定になっている。

深い絆を取り戻し、平和な日々を過ごすエルサとアナの姉妹。 エルサは女王陛下のお気に入りとして国を治めていた。 しかし、不思議な声の導きにより、 未知なる世界へ。 それはエルサの魔法の力の秘密を解き明かす旅の始まりだった。

外国語映画賞が「国際映画賞」に名称変更

2020年のアカデミー賞では、従来の「外国語映画賞」が「国際長編映画賞」に名称変更されます。 英語での名称は「International Feature Film」です。 ただ、選考対象は従来通り、英語以外の映画です。米国以外で製作された作品が対象となる点も変わりません。

ノミネート発表の中継(Youtubeの動画配信)

日本時間:1月13日(月)22時18分ごろ開始

アカデミー賞のノミネートの発表は、 Youtubeで生中継されます。動画のストリーミング配信です。日本時間で1月13日(月)22時18分ごろの開始予定です。 ↓こちらです。